相鉄 線 ダイヤ 改正。 「相鉄・JR直通線」開業で11月ダイヤ改正 埼京線は快速停車駅を追加 JR東日本

相鉄・JR直通で種別が大変化…JR直通後・東急直通後のダイヤを予想してみた![2019/11/30改正]

これが通勤急行の設定意図でしょう。 (1分ほど遅くなっている気もしますが。 線路は羽沢横浜国大駅からさらに東へ数百m延びて、JRの東海道貨物線(羽沢線)に接続します。 湘南新宿ライン8時35分発、相鉄同36分発)。 埼京線の新宿〜池袋間は新宿発着を中心に比較的空いているので 昼間の各駅停車なら座れるし、りんかい線直通快速であっても湘南新宿ラインよりかは空いている 、わざわざ新宿で折り返させて新宿駅1〜4番線をパンクさせることはないだろう。

Next

相鉄・JR直通で種別が大変化…JR直通後・東急直通後のダイヤを予想してみた![2019/11/30改正]

。 。 「ガイアの夜明け」の中で、同社の社長の言動が放送され、「ブラック企業」「パワハラ」などと批判されているのだ。 今後のダイヤ改正で明瞭な路線図になるように期待する。 ただし、新宿から湘南台までの所要時間は29分から32分に伸びています。 海老名・大和~新宿間ですと、小田急と競合になる区間ですから、運賃や時間面で不利なこと、また現在は特急が西谷駅を通過していることから、各停が直通するものと当初は予想していました。 そうであれば、特急や快速に接続できるようであれば、急行がわざわざ停車する必要はないという判断です。

Next

相鉄ダイヤ改正、相鉄・JR直通線開業の11/30に実施 専用ページでは各駅別の変更ポイントなども解説

そのため、快速ではなくあえての通勤急行としたのでしょう。 12000系は通常時、相鉄線内から新宿駅までの区間で運転されるという。 相鉄・JR直通線用車両12000系。 平日朝横浜6時30分~7時30分着のオフピークは、特急を概ね10分間隔で運転し、横浜行きと新宿行きを半々で運転する。 西谷停車 今まで各駅停車の西谷駅が(急行を除く)全種別停車に格上げされた。

Next

相鉄史上最大級のダイヤ改正の内容の解析(2019年11月、JR直通開始ダイヤ)

可能であれば、当該の各駅停車を2分程度前倒しして通勤急行に接続させれば、海老名や大和からの乗車チャンス増加、特急通過駅の各駅からの所要時間短縮が実現していました。 横浜口で見ていくと、本線特急毎時3本と本線急行毎時2本、本線快速毎時1本の合計毎時6本を10分間隔で運転し、その合間に各駅停車毎時6本 海老名発着毎時2本、いずみ野線湘南台発着毎時4本 を10分間隔で設置、その合間を縫うように毎時2本のいずみ野線湘南台発着の快速を30分間隔で運転する。 平日朝ラッシュ時 横浜7時30分~8時30分到着 は、各駅停車は毎時11本から毎時9本に、急行は毎時11本から毎時8本に、特急は毎時4本から毎時1本にそれぞれ削減した一方で、今回のダイヤ改正より新規に設定する通勤特急が毎時3本、通勤急行を毎時4本設定することから、 平日朝ピーク時は結果毎時26本のまま変わりない。 今回も、JRのE233系が相鉄側に、逆に相鉄側の12000系がJR側に貸し出されるのではないかと考えておりますが、果たしてどうなるのか注目です。 JR線と直通し、新宿や渋谷に直結します。 一応、各駅停車大和行きを海老名まで延長しているので、大和-海老名では増発されていますのが、それは言い訳程度です この各駅停車は二俣川で特急と接続。

Next

[mixi]新ダイヤに相当不満

この時間帯は新宿方面は8本設定されていますので、乗客が目論見通り移行すれば混雑は緩和しそうです。 ダイヤ改正で本線の特急の行先を横浜から新宿方面に振り替えて、不足する本線の速達輸送用にいずみ野線からの通勤特急を設定したと解釈しましょう。 12:15発快速横浜行きと、12:23発特急新宿行きは西谷で相互に連絡しています。 朝オフピークは減便と特急大増発で10分間隔運転へ また今回の2019年11月30日相模鉄道ダイヤ改正では、平日朝オフピーク時にも運転パターンが大きく変わり白紙ダイヤ改正を実施している。 JR直通は、通勤時間帯は特急、日中時間帯は各停になると予想しています 横浜に人を流動させるため。 平日朝のピーク時だけ通勤特急や通勤急行を走らせて所要時間を短縮して利用客増加を見込もうとしているけど、オフピークに通勤急行などの速達列車を設定せず唯一設定していた各駅停車すら減便するようではまともに横浜市営地下鉄ブルーラインと競合できないのではないだろうか。

Next

相鉄・JR直通線開業へ、新ダイヤ概要発表!新種別も登場! | akkiの鉄道旅行記

本線急行の発車間隔は7~13分間隔とバラつきがでるが、湘南台行き快速 二俣川で各駅停車大和行き改め海老名行きに連絡 と合わせて5~8分間隔で発車することで混雑を均等化しようとしている。 ただ、りんかい線利用であれば湘南新宿ライン利用で大崎で乗り換えればいいので、そこまで利便性が低下するとは思えない。 また、まさかの 相鉄・JR直通線への特急乗り入れというサプライズもありました。 平日朝ラッシュ時のダイヤを見る限り、これまで急行と各駅停車を1:1で運転し、特急と急行を1:3で運転していたことから特急:急行:各駅停車が1:3:3になるように運転していたが、今回のダイヤ改正より西谷を通過する急行と西谷に停車する速達列車と各駅停車がそれぞれ1:1:1になるように組まれている。 ダイヤが重なるのはもちろん、1分続行もダイヤとしては厳しそうです。

Next

直通列車運転開始で武蔵小杉混乱か 相鉄JR直通線ダイヤ改正予測(2019年11月30日予定)

二俣川で海老名からのJR直通特急と、湘南台からの横浜行きの通勤特急が接続するとのこと。 通勤特急・通勤急行が新設 通勤時間帯向けの種別として「通勤特急」「通勤急行」が新設されます。 ご利用のお客さまにおかれましても、車内での会話の際は周囲にご配慮いただくとともに、マスクの着用、ラッシュ時間帯を避けるオフピーク通勤に引き続きご協力をお願い申しあげます。 直通は海老名方面の本線系列から、のみです。 これは本数が減ってスムーズに走れるようになった結果です。 11月30日(土)から、おもに海老名~新宿間で直通列車の運転が始まります。 見た目はそれほど変わりませんが、 ・特急、通勤時間帯運行の通勤特急、JR直通の特急 JR線内各停 ・急行、通勤時間帯運行の通勤急行 ・快速 ・各停、JR直通の各停 と多様な種別が誕生します。

Next