パズ ドラ ドナルド テンプレ。 【パズドラ】マシンヘラの最強テンプレパーティー

【パズドラ】初心者が無課金で組める闇パーティーテンプレ紹介

HP50%以上で攻撃力が10倍。 クロノスをもう1体お持ちであれば、進化前クロノスのスキルをアシストしてみてはいかがでしょうか。 編成すればエンハンスが不要になるほどの火力が出るのでオススメです。 また、HP依存で倍率が変化するため、HPをコントロールできる上級者向けとなっています。 主属性が光なので、エドパを光染めにしたい方にオススメ。

Next

【パズドラ】エドワードのテンプレは?エドパにおすすめのサブ一覧

スキルターンが5ターンと軽いので「第2スキルが使いやすい」のも嬉しいですね。 この覚醒スキルを活用すればダメージ無効持ちの強敵(ゼウスドラゴン,ガイアドラゴン,アザトース等)をワンパンすることができます。 アマツマガツチはHPが異常に高いモンスターです。 ぎん千代が持つ「暗闇耐性」と「お邪魔耐性」は意外と使えます。 エドワードが光火属性なので、残りの水・木・闇属性をサブに編成しましょう。 ただ、盤面が4色になるので「スキルチャージ」との相性はよくありませんね。 おすすめの潜在覚醒、入手方法なども記載していますので、運用時の参考にご活用下さい。

Next

【パズドラ】エドワードのテンプレは?エドパにおすすめのサブ一覧

140件のビュー• 1,091件のビュー• テンプレパーティー考察 リーダースキルはHP80%以上で、攻撃力が3倍。 パーティに足りない色のコットンを編成しましょう。 5倍に上昇し、2体攻撃ができる)」を2つずつ持っているため、かなりの火力が出ます。 エンラのスキルが気に入らなければ、お好みのスキルを継承させてお使い下さい。 シングルだけでなく、マルチプレイも想定しています。 また、覚醒スキルに「追加攻撃+コンボ強化2個」を持つため、上記コットンと同様に強力な火力要員になります。

Next

【パズドラ】「プラスチャレンジ【リーダー助っ人固定】」スタート!

マルチプレイ時、攻撃力と回復力が2. また、このモンスターを編成するときは、攻撃か悪魔のどちらかのタイプを持つモンスターを編成すると良いですね。 シェリング装備を使うにはスキル溜めが必要 シェリング装備は非常に重たいスキルなのでサクサク突破していくとスキルを使いたい織田信長までに溜まらないので、途中でスキルを溜められるところでは溜めていきましょう。 また、バランスタイプなので全種類のキラーを付けることができます。 スキルやフレンドで対応が必要になるのでダンジョンギミックは事前にしっかりと調べておきましょう。 個人的には水ウルカよりも合うと思います。 エドパにおける役割は「色合わせ(水闇)」と「ダメージ吸収無効対策枠」になります。 個人的には「即時HP回復」のほうがHP制限のあるエドパには使いやすいと感じるので白ソニアを推奨します。

Next

【パズドラ】ドナルド(グレートエナジー)の評価とおすすめの超覚醒

最上段横1列を水ドロップに変化。 追加攻撃とは「回復の縦1列で1ダメージの追い討ち」を与える覚醒スキルで、根性を持った敵への対策として使えます。 操作時間は8. スキルブースト テンプレパーティ情報 その他のテンプレパはこちら. 操作時間3秒延長により余裕のあるパズルが可能なので、7コンボ以上の火力を発揮しやすいです。 HP50%以上であれば簡単に15倍の倍率を発動させることができ強力です。 パーティ編成を光に寄せている場合、爆発的な火力を出すことができます。 5倍」のリーダースキルを持っているモンスターにするのが一般的です。 184件のビュー• 光ネイ ゴッドフェス限定の人気モンスター「ネイ」を光属性に進化させた形態。

Next

【パズドラ】ドナルド(グレートエナジー)の評価とおすすめの超覚醒

厳選したオススメサブ候補の紹介は以上になります。 覚醒スキルのバランスは良いのですが「バインド耐性」を持たないためそこが大きな弱点になります。 役割は「火力要員」「闇枠(バインド耐性持ち)」「エンハンス」「6色陣」です。 ケプリは2コンボ加算と操作時間延長要員として採用しました。 多色なので属性吸収無効スキルを用意しておきたいです。

Next

【パズドラ】エドワードのテンプレは?エドパにおすすめのサブ一覧

エドワードパーティの組み方 エドワードパーティには属性やタイプの指定はありませんが、属性に関しては「 全属性」を編成するべきです。 超転生パールパーティの組み方やおすすめのフレンドやアシストなども解説しているので、運用時の参考にご覧下さい。 また、HPがかなり高いので耐久性能が高くなるのも魅力。 131件のビュー• 回復の4個消しで回復力がアップする。 ドロップ操作を3秒延長。

Next