ご相伴に与る。 「ご相伴にあずかる」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

お相伴にあずかるの意味とは・使い方や例文を紹介!

結論を言うと、「Can you celebrate? ありがたく社長のご相伴にあずかった。 社長のご相伴にあずかって高級料亭に行った。 」という意味があります。 それ以外にも「自分は招待されていないけれども、自分も参加したい」という意思表示として利用される事もあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 また、他の人の行動に付き合うこと。

Next

「ご相伴にあずかる」の意味と使い方、読み方、類語、漢字、敬語、英語表現

「相伴」は主ではないものの、正客に連れておもてなしを受ける人を表します。 「あやかる」の例文では次のようなものが挙げられます。 公開日: 2018. 連立って行くこと。 では、実際にはどんな使い方をするのでしょうか?詳しく解説します。 ・ゴルフ大会いかがでしたか?今度私もご相伴にあずかりたいです。

Next

「ご相伴」の意味とは?「お相伴」との違いや茶道との関係を解説

お供する• この場合はどちらも「与る」が正しい用法です。 の方の説明にもあるように、本来は主賓ではない人が、たまたま居合わせたため、主賓と一緒に飲食の接待を受ける事です。 「相伴」は、「補佐する」「互いに」「仲間」を意味する「相」と、「伴う」「連れ立つ」「仲間」を意味する「伴」という漢字が合わさってできた熟語で、誰かと一緒に何かをすることや誰かと連れ立って利益を得ることという意味があります。 別に誤用などと言うワケでは無いとは思いますけど。 つまり「お相伴にあずかる」というのはあくまでも本来招待されている・もてなされている人がいる事を前提としているので… この言葉を使っている人は、その人のおこぼれに預かっている立場となります。

Next

「ご相伴にあずかる」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

「ご・お相伴」も、この例外の仲間で どちらを使ってもいいとされています。 お茶席を主催してくれた亭主と、主賓である正客への 尊敬と感謝の気持ちが「お相伴いたします」という言葉に込められているのです。 感謝の気持ちがあっても、 どう伝えたらいいのかわからないということがないようにしたいです。 伴食(ばんしょく) 「伴食」の意味は「主客のお伴をして、ごちそうになること」です。 例文 ・美味しそうですね。 あずか・る〔あづかる〕 1 物事にかかわりをもつ。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。

Next

「あやかる」の意味と使い方は?類語や例文も気になる!

「行動予定表」のイメージだと、私は「本日のスケジュール」とか「夏休みの~」みたいに、「対象期間+スケジュール」と表現しますよ。 水なら、1トンの水は1000リットルの体積を示します。 引用: ついでに 「与る」の意味をチェックしておきましょう。 ・先日はご相伴にあずかりましてありがとうございました。 「ご相伴にあずかる」を使った例文• 自分の行為に対して「ご相伴/お相伴」は使っていいのか?自分を敬っていておかしくないか?と勘違いしている方がたまにいますので、敬語の解説を少しします。

Next

ご相伴とお相伴の違いは?ご相伴にあずかるの意味と正しい使い方

これは明らかに米英人はしない間違いです。 ご相伴にあずかりまして、ありがとうございました 目上の人にごちそうしてもらった時やもてなされた時、接待の席に同席させてもらった時のお礼の言葉として「ご相伴にあずかりまして、ありがとうございました」を使うことができます。 自分が誰かを連れて行くというわけではなく、誰かに一緒に連れて行ってもらう、サブ的な役割の時に使う言葉であるということを覚えておきましょう。 「ご相伴にあずかる」の類語や言い換え・似た言葉• 意味1. ただし使い方によっては謙遜している部分が嫌味に聞こえてしまう可能性もあるので、使う場合には相手を不快にさせていないかどうか気をつける必要があります。 「ご相伴」の使い方 「ご相伴」は連れ立っていくときや、正客の連れとしてもてなされるときに使う言葉です。 例文 ・美味しそうですね。

Next