鹿島アントラーズ 掲示板。 さっかりん 鹿島アントラーズ 最新情報

さっかりん 鹿島アントラーズ 最新情報

net あと一時間。 や、など、サッカー王国ブラジルでも代表として活躍するなど一線級に値する選手たちが過去に鹿島でプレーした。 準決勝では コロンビア を3-0で撃破し、アジア勢初となる決勝進出を決めた。 では7度目の決勝進出。 横浜FMの先発を見て遠藤渓太がいないのが不思議でしたが、後半開始から出て来た時のテーピングしていた姿を見るとコンディションに問題があったのでしょう。

Next

鹿島アントラーズ

J1優勝に伴い、開催国枠でに初出場した。 これが響き、後半3分までにとで2失点を喫してしまう。 1995年 エドゥー体制2年目。 2015年以来2年ぶりの王座奪還を目指したは、ACL出場のためノックアウトステージから出場 、準々決勝は仙台と対戦した。 2017年 チームスローガン: Football Dream - つなぐ - 石井体制3年目。 V川崎から、からを獲得。

Next

Antlers Cafe 2019

2010年• 2014年• しかし、今日は上田が一発で決めてくれた。 2014年6月5日閲覧。 4年ぶりの出場となったでは、王者の()と準優勝の 、そして、王者の( とグループリーグで同組に入ったが、開幕後はホームでのウェスタン・シドニー、敵地でのFCソウル、広州恒大に何れも敗れ3連敗。 また、千葉からを3月から7月までの期限付き移籍 で獲得し、8月にはから元のを完全移籍で獲得した。 2001年 曽ヶ端準• 1997年:(リーグ戦)、エネーレ(カップ戦)• 1998年• Jリーグが開幕した以降、所属した外国籍選手は「」を利用して獲得した人選手以外は全員ブラジル人選手である。 1失点目はエヴェラウドをサイドに置いたデメリット。 は準々決勝で川崎に2試合合計4-2で勝ち上がったものの準決勝で横浜に競り負けベスト4。

Next

鹿島アントラーズ 人気ブログランキングとブログ検索

チェアマン感謝状(1994-1995)• 敗退が決まった後は育成路線に切り替え、 [ ]ユース出身の町田、田中、平戸、垣田ら若いメンバーで挑んだ。 染野選手と上田選手はよ…• 前年加入のレオナルドなど彼らの活躍で鹿島は強豪としての地位を築いていった。 から、から、からを獲得。 net 放送始まった。 前年度のリーグチャンピオンチームには、日本サッカー協会のシンボルであるにJのマークがついたエンブレムを右袖につける。 第1戦は広州恒大の猛攻をスコアレスドローで凌ぎ切ったが、その合間に行われ2-0で勝利し首位との勝ち点差を1に縮めた当時首位だったFC東京とのホームゲームで三竿と白崎が負傷で、同じ試合で相手の攻撃を犬飼と共に封殺したブエノがACL登録外の為使えず、前半にコーナーキックからアンデルソン・タリスカに強烈なヘディングシュートを決められ、後半7分に2年前の広州恒大戦は怪我で出場出来なかったシルバのシュートをセルジーニョがコースを変えて2戦合計で1-1の同点に追いつくのがやっと。 (ACL)を優勝により20冠を達成したため、2019のユニホームからエンブレムの上に星が1つ増え2つになった。

Next

鹿島アントラーズ 人気ブログランキングとブログ検索

旧本田勢に加えて大卒新人のがレギュラーを獲得した。 茨城県特別功労賞• 1998年 相馬直樹• そのため、新たに住友金属を紹介したところ、住友金属のアピールもあって、ジーコの入団が実現した」と話している)。 中田がフランス・のに移籍。 も3回戦でPK戦の末敗退した。 は、J2降格が決まっているとの決勝で勝利し、2度目となるリーグ戦との2冠を達成した。

Next

鹿島アントラーズPart2722

紺 ユニフォームデザイン [ ] ユニフォームデザインは基本的に2年に1回変更していたが、2010年シーズン以降は毎年デザインを変更している。 当初はゴール裏の内側部分だけだったが、以後は外側(スタンドとピッチの中間。 栃木に育成型期限付き移籍していた鈴木隆雅が復帰した。 その他 [ ] キャンプ地 [ ] 春季キャンプはよりので行われている。 次はどこを、どのITベンチャーが狙うのか。 2008年 、 岩政大樹、 マルキーニョス• 2001年 柳沢敦 クラブ記録 [ ] 記録名 記録 試合 備考 連続無敗記録 J1 17試合 2009年 第3節 広島戦(カシマ)- 2009年 第19節 柏戦(カシマ) 連勝記録 J1 16連勝 1998年 2nd第5節 福岡戦(博多球)- 1999年 1st第3節 広島戦(国立) リーグ最高記録(2018年時点) 連敗記録 J1 8連敗 1999年 1st第13節 浦和戦(国立)- 1999年 2nd第4節 C大阪戦(カシマ) 最多得点試合 J1 7 - 0 1997年8月9日 2nd第4節 名古屋戦(カシマ) 7 - 2 2005年8月24日 第20節 新潟戦(カシマ) 7 - 0 2012年5月19日 第12節 札幌戦(カシマ) Jリーグ杯 7 - 1 1992年10月3日 GL第7節 名古屋戦(瑞穂球) 7 - 0 1997年10月18日 準々決勝第2戦 札幌戦(カシマ) 天皇杯 8 - 1 1992年12月5日 1回戦 新日鐵八幡戦(愛媛) 国際大会 16 - 0 1999年10月23日 ACC 2回戦 バレンシア戦(ひたちなか) クラブ最多得点記録 最多失点試合 J1 0 - 7 1995年5月3日 1st第13節 平塚戦(平塚) クラブ最多失点記録 Jリーグ杯 3 - 4 1992年9月23日 GL第5節 横浜M戦(国立) 1 - 4 1992年9月26日 GL第6節 清水戦(笠松) 2 - 4 1997年3月8日 GL第1節 C大阪戦(カシマ) 0 - 4 2003年11月3日 決勝 浦和戦(国立) 2 - 4 2013年3月23日 GL第2節 対F東京戦(カシマ) 1 - 4 2016年3月27日 GS第2節 対神戸戦 ノエスタ 天皇杯 2 - 6 1994年1月1日 決勝 横浜F戦(国立) 国際大会 1 - 4 1999年4月16日 ACWC 準決勝 全南戦(国立) 3 - 4 2003年3月12日 ACL GL第2節 上海申花戦(スパチャラサイ) 1 - 4 2009年3月11日 ACL GL第1節 水原三星戦(水原) 3 - 4 2015年3月18日 ACL GL第3節 広州恒大戦(天河) 2 - 4 2016年12月18日 FCWC 決勝 レアル・マドリード(横浜国際) 0 - 4 2018年12月22日 FCWC 3位決定戦 リーベル・プレート(ザイード・スポーツシティ) 最少被シュート数 J1 0本 2009年11月8日 第31節 山形戦(カシマ) リーグ初記録 通算勝利数 [ ] J1リーグ戦通算勝利数 通算勝利 試合 備考 初勝利 1993年5月16日 サントリー第1節 名古屋戦(カシマ) 100勝 1997年4月12日 1st第1節 神戸戦(カシマ) 200勝 2001年11月17日 1st第14節 東京V戦(カシマ) リーグ最速記録 300勝 2007年11月24日 第33節 浦和戦(埼玉) リーグ最速記録 400勝 2014年3月8日 第2節 仙台戦(カシマ) リーグ最速記録 500勝 2019年7月6日 第18節 磐田戦(カシマ) リーグ最速記録 通算得点 [ ] 公式戦通算得点 通算得点 試合 選手名 備考 初得点 1992年9月5日 ナビスコ杯 GL第1節 横浜F戦(笠松) 500得点 1997年9月27日 J 2nd第15節 横浜M戦(カシマ) 1000得点 2002年12月15日 天皇杯 3回戦 東京学芸大戦(カシマ) 1500得点 2009年4月22日 ACL GL第4戦 SAFFC戦(カシマ) 2000得点 2015年7月25日 J1 2nd第4節 F東京戦(カシマ) J1リーグ戦通算得点 通算得点 試合 選手名 備考 初得点 1993年5月16日 サントリー第1節 名古屋戦(カシマ) 100得点 1994年5月18日 サントリー第17節 名古屋戦(カシマ) 200得点 1995年8月16日 ニコス第2節 磐田戦(磐田) 300得点 1996年10月30日 第27節 磐田戦(カシマ) 400得点 1998年4月11日 1st第5節 柏戦(国立) 500得点 1999年9月23日 2nd第10節 市原戦(国立) リーグ最速記録 600得点 2001年9月29日 2nd第7節 名古屋戦(カシマ) リーグ最速記録 700得点 2003年10月18日 2nd第10節 清水戦(カシマ) リーグ最速記録 800得点 2005年10月1日 第26節 千葉戦(カシマ) リーグ最速記録 900得点 2007年8月12日 第19節 甲府戦(小瀬) 野沢拓也 リーグ最速記録 1000得点 2009年4月29日 第8節 神戸戦(カシマ) リーグ最速記録 1100得点 2011年5月21日 第12節 浦和戦(埼玉) リーグ最速記録 1200得点 2013年4月6日 第5節 C大阪戦(カシマ) 1300得点 2014年9月23日 第25節 仙台戦(ユアスタ) リーグ最速記録 1400得点 2016年6月11日 1st第15節 浦和戦(埼玉) リーグ最速記録 1500得点 2018年7月22日 第17節 柏戦(カシマ) 土居聖真 リーグ最速記録 Jリーグ杯通算得点 通算得点 試合 選手名 備考 初得点 1992年9月5日 GL第1節 横浜F戦(笠松) 入井和久 100得点 1999年6月19日 2回戦第2戦 G大阪戦(秋田陸) 長谷川祥之 200得点 2007年10月13日 準決勝第2戦 G大阪戦(カシマ) 天皇杯通算得点 通算得点 試合 選手名 備考 初得点 1992年12月5日 1回戦 新日鐵八幡(愛媛陸) 長谷川祥之 100得点 2002年12月28日 準決勝 市原戦(長居) 200得点 2015年9月9日 2回戦 琉球戦(カシマ) 個人記録 [ ] 記録名 選手名 記録 試合 備考 最年少出場 J1 17歳7ヶ月29日 1999年4月10日 1st第6節 京都戦 最年長出場 J1 41歳3ヶ月12日 1994年6月15日 サントリー第22節 磐田戦 最年少得点 J1 17歳11ヶ月22日 2006年3月21日 第4節 甲府戦 最年長得点 J1 ジーコ 41歳3ヶ月12日 1994年6月15日 サントリー第22節 磐田戦 連続試合得点 J1 7試合 2008年8月16日 第21節 東京V戦 - 10月1日 第26節 大宮戦 シーズン連続得点 J1 17シーズン 1999年 - 2015年 シーズン最多得点 J1 28得点 1994年 リーグ得点王 J1 マルキーニョス 21得点 2008年 ハットトリック [ ] 記録名 選手名 試合 備考 J1 4得点 1998年4月4日 1st第4節 京都戦 3得点 ジーコ 1993年5月16日 サントリー第1節 名古屋戦(Jリーグ開幕戦) リーグ初記録 アルシンド 1993年6月19日 サントリー第11節 名古屋戦 1995年8月26日 NICOS第5節 G大阪戦 1997年4月12日 1st第1節 神戸戦 長谷川祥之 1997年9月20日 2nd第13節 平塚戦 柳沢敦 1998年5月5日 1st第11節 磐田戦 2000年4月29日 1st第9節 神戸戦 2004年9月18日 2nd第5節 磐田戦 柳沢敦 2006年3月5日 第1節 広島戦 2006年9月24日 第24節 FC東京戦 野沢拓也 2006年12月2日 第34節 磐田戦 マルキーニョス 2010年9月18日 第23節 大宮戦 2012年10月6日 第28節 F東京戦 2017年9月16日 第26節 新潟戦 Jリーグ杯 3得点 長谷川祥之 1992年10月3日 第7節 名古屋戦 ジーコ 1992年10月11日 第9節 広島戦 1997年10月18日 準々決勝第2戦 札幌戦 天皇杯 3得点 黒崎比差支 1992年12月5日 1回戦 新日鐵八幡戦 2005年11月3日 4回戦 ホンダロック戦 2012年9月8日 2回戦 筑波大戦 2019年9月25日 ラウンド16 横浜FM戦 国際大会 4得点 平瀬智行 1999年3月3日 3回戦第2戦 サラワク戦 3得点 長谷川祥之 1999年3月3日 ACWC 3回戦第2戦 サラワク戦 柳沢敦 1999年10月23日 2回戦第1戦 バレンシア戦 鈴木隆行 1999年10月23日 ACC 2回戦第1戦 バレンシア戦 マルキーニョス 2008年3月12日 GL第1戦 クルン・タイ・バンク戦 2013年8月7日 サンパウロ戦 観客 [ ] リーグ戦年度別観客数 [ ] 年度 試合 総観客 平均観客 1993 18 252,291 14,016 1994 22 369,862 16,812 1995 26 497,665 19,141 1996 15 230,789 15,386 1997 16 271,765 16,985 1998 17 260,866 15,345 1999 15 255,741 17,049 2000 15 262,603 17,507 2001 15 336,377 22,425 2002 15 323,855 21,590 2003 15 318,064 21,204 2004 15 263,777 17,585 2005 17 316,897 18,641 2006 17 262,365 15,433 2007 17 276,058 16,239 2008 17 335,140 19,714 2009 17 367,486 21,617 2010 17 356,430 20,966 2011 17 274,655 16,156 2012 17 261,484 15,381 2013 17 279,115 16,419 2014 17 300,310 17,665 2015 17 279,185 16,423 2016 17 324,759 19,103 2017 17 347,942 20,467 2018 17 330,376 19,434 2019 17 349,678 20,569 観客動員記録 [ ] ホームゲーム最多観客動員試合 大会 入場者数 試合 J1 39,684人 2003年7月5日 1st第11節 磐田 Jリーグ杯 19,127人 2019年10月13日 準決勝第2戦 川崎 40,115人 2001年12月8日 第2戦 磐田 ACL 35,022人 2018年11月3日 決勝第1戦 ペルセポリス 大会 入場者数 試合 J1 51,575人 1999年5月5日 1st第11節 磐田 Jリーグ杯 18,009人 1992年9月9日 GL第2節 V川崎 CS 53,553人 1994年1月16日 第1戦 V川崎 ACL 11,951人 2011年5月3日 GL第5戦 上海申花• 2010年10月16日閲覧。

Next