あいちトリエンナーレ 実行委員会 メンバー。 あいちトリエンナーレ実行委員会

3回目の開催となるあいちトリエンナーレ。愛知ならではの芸術祭の特徴とは?

9月25日、あいちトリエンナーレのあり方検証委員会は「展示方法や解説プログラムの改善・追加」などの条件を整えた上で、現在の体制はもはや機能しないとし、新体制の構築をして再開をすることを提言した。 展示までの経緯 [ ] 2012年、がで開催した「第18回JAALA国際交流展」に『平和の少女像』のミニチュアが出展されたが、東京都美術館から「(政治的表現物であるため美術館の)運営要綱に抵触する」として撤去された。 77年に慶應義塾大学経済学部を卒業し、株式会社大林組に入社。 「今後も規模や参加者を変え、同様の機会を会期終了まで継続的に行っていく所存です。 産経新聞. 今回、電話などでの攻撃やハラスメントがあり、トリエンナーレ事務局が苦悩されたことに、私たちも心を痛め、ともに打開策を模索してきました。 同年11月3日、やなどをガイドツアーで案内する「オープンアーキテクチャー」が開催された。 津田さんは「こんなときだからこそ、芸術や表現の力でその状況に対抗していかなければならないのではないか」と訴え、「皆さんのお力を貸してください」と実際に参加して議論に参加するよう呼びかけた。

Next

あいちトリエンナーレ問題 津田氏の懸念を実行委が拒絶 リスク承知で展示か

愛知県. 2020年4月4日閲覧。 ニコ生対談は謝罪。 2019年9月24日閲覧。 だが、実はこのビル、場合によっては会場になっていなかった可能性もあったのだ。 2019年12月21日 北海道札幌市 札幌市教育文化会館 有志によって「表現の不自由展・その後」の問題を考える企画として開催された。 依頼をいただいた時には思わず二度見しましたが、物事の本質や、その多様な見方を他者に伝えるという意味で、アートとジャーナリズムは共通する部分があると思い、お引き受けすることにいたしました。 2019年10月12日閲覧。

Next

表現の不自由展「再開を」実行委メンバーが知事に質問状 [表現の不自由展]:朝日新聞デジタル

河村の設置する検証委員会に対して、大村は「展示の中身を検証して、けしからんから(市の負担金を)出さないというなら、検閲委員会になる」と反発した。 あいちトリエンナーレは「国際芸術祭」です。 名古屋東急ホテルにて。 <津田大介さん「あいちトリエンナーレ2019『表現の不自由展・その後』に関するお詫びと報告」より> 作家への謝罪、市民への対話参加の呼びかけ 参加アーティストから展示中止の申し入れに関する抗議が届いていることについては、直接は触れなかった。 」と批判すると 、朝日新聞は、16日の社説で「慰安婦に着想を得た少女像や昭和天皇を含む肖像などが燃える映像作品に対して、「日本へのヘイト」との批判も飛び出した。 美術手帳. この項目は、(行事)、に関連した です。

Next

あいちの現代美術

美術手帳. 千葉恵理子、伊藤恵里奈 2019年4月2日. ハンギョレ新聞 2015年1月18日. 名古屋市法制アドバイザー 弁護士 北口 雅章. あいちトリエンナーレ2013公式サイト• 東京新聞. 2019年8月14日. 表現の自由を保障するのは大村知事ご自身であって、自らが決断して中止したのも大村知事ご自身なのですから。 名古屋市. いわゆる隔年制で、2年に一度開催される大規模な芸術祭のことを言います。 」と語った が、8月5日にのキム・ジンゴン報道官が「愛知県で我々の『平和の少女像』展示を中止した残念な状況が生じている」と遺憾を表明し 、翌日の6日には、大韓民国のキム・インチョル報道官が「被害者の傷の癒やしや名誉回復に反する行為で、非常に遺憾」と表明する など、炎上はにまでしていった。 FAXで放火予告をしてきた人こそ逮捕されたものの、それ以外にもたくさんの脅迫が寄せられており、これに対する有効な対策が打ち出せず、「表現の不自由・その後」展の展示再開の目途が立たないことについても、申し訳なく思っております。 話題になればイベントは成功です。 朝日新聞. 2019年10月2日. 氏 名 職 名 会長 大村秀章 愛知県知事 会長代行 河村たかし 名古屋市長 副会長 髙橋治朗 名古屋商工会議所会頭 三田敏雄 一般社団法人中部経済連合会会長 委員 細谷孝利 名古屋商工会議所専務理事 伊藤範久 一般社団法人中部経済連合会専務理事 小出宣昭 中日新聞社代表取締役社長 吉川幸司 NHK名古屋放送局局長 櫻井友行 独立行政法人国際交流基金理事 神田真秋 愛知芸術文化センター総長 寺澤義則 愛知県県民生活部長 新開輝夫 名古屋市市民経済局長 中野秀秋 公益財団法人愛知県文化振興事業団理事長 平野幸久 公益財団法人名古屋市文化振興事業団理事長 馬場駿吉 名古屋ボストン美術館館長 松村公嗣 愛知県立芸術大学学長 高階秀爾 大原美術館館長 峯村敏明 多摩美術大学名誉教授 北爪道夫 愛知県立芸術大学名誉教授 野田邦弘 鳥取大学教授 氏 名 職 名 伊藤勝人 愛知県議会総務県民委員会委員長 金庭宜雄 名古屋市会経済水道委員会委員長 山本孝義 中京テレビ放送代表取締役社長 大石幼一 中部日本放送代表取締役社長 小谷 勝 テレビ愛知代表取締役社長 内田 優 東海テレビ放送代表取締役社長 荒木高伸 名古屋テレビ放送代表取締役社長 横山 宏 朝日新聞名古屋本社代表 泉 宣道 日本経済新聞社専務執行役員名古屋支社代表 渡会文化 毎日新聞社専務執行役員中部代表 尾崎和典 読売新聞東京本社執行役員中部支社長 高橋 肇 名古屋音楽大学学長 竹本義明 名古屋芸術大学学長 小林亮介 名古屋造形大学学長 岡田 豊 愛知県小中学校長会会長 岩間 博 愛知県公立高等学校長会会長 辻 正人 名古屋市立小中学校長会会長 石田正城 愛知県私学協会会長 松尾 稔 公益財団法人科学技術交流財団理事長 藤井知昭 愛知芸術文化協会理事長 村田眞宏 愛知県美術館館長 松永恒裕 名古屋市美術館館長. 2019年8月6日. 8月21日、日本は「特に『平和の少女像』が、攻撃の対象となっている」とし、河村たちの発言を「日本軍性奴隷制について、その歴史的事実のみならず、人権侵害に対する国家責任や被害者の尊厳などをも否定する言動である。

Next

あいちトリエンナーレ実行委員会

閉鎖後、津田は「『表現の不自由展・その後』は、100個近くある企画のうちの1つ。 第2回あいちトリエンナーレのあり方検証委員会. この報告に対して、津田は「今回の騒動は、関係者間のコミュニケーションがうまくいっていなかったことが最大の問題だった」と反論し、「事実関係が異なる部分が複数あるので、最終報告で強く訂正を求めたい。 2019年10月12日閲覧。 同年8月8日から9月23日にかけて、「うしろの正面 -アーティストたちの誠実な遊戯-」がで開かれた。 教授は「表現の自由という概念が人々に内面化されていないことを痛感した」と述べ、欧米式の自己主張を重視する教育が行われていないことに原因を求めた。 2019年11月10日閲覧。 8月15日から10月25日にかけて、で教鞭を執り、数々の現代芸術家を教えたと教え子の作品を展示する「放課後のはらっぱ -櫃田伸也とその教え子たち-」がとで開かれた。

Next

「あいちトリエンナーレのメンバー」から見えてきた「北朝鮮」と「中国共産党」の陰

抽象的な事由で一方的に不交付が決定されるのは承服できない。 さらに、当初は6月末に出展作品について記者発表し、開幕までに十分な議論の時間を設けるはずだったが、警備の関係で直前まで内容を周知できなかったことも報告。 06 日本への旅行制限も検討 韓国外交部• 日本でも挺対協と連携する組織『希望のたね』が共同代表のによって2017年6月に設立され、『表現の不自由展』実行委員のが理事として参加している。 2019年11月1日閲覧。 2019年10月20日閲覧。 《平和の少女像》をはじめとした慰安婦や、昭和天皇を題材にした作品がネット上で「大炎上」し、2日目には名古屋市長の河村たかし氏が同展を視察するなどの騒動に発展。 経緯 [ ] 2月4日に行われたで3期目の当選を果たしたは、国際芸術祭の開催をに掲げていた。

Next

あいちトリエンナーレの会長候補に大林剛郎を選出。実行委員会に替わる組織委員会設立へ(美術手帖)

中間報告 2019年9月25日. 朝日新聞 2019年8月1日. 」と声明を発表した。 世界各地で行われているが地域によって内容はまったく違い、さまざまな個性がある。 2019年11月4日閲覧。 ハンギョレ新聞. 空き店舗の多かった地下街がトリエンナーレの会場になったことで空き店舗がなくなり、有効活用されているというケースもあります」 買い上げをせず一時的に借りられる場所を選定しているため、ときには経済の動向で会場が決まることもある。 朝日新聞. なぜ多くの人が憤ったか。 このような平和の碑に対し、韓国政府が撤去および移転を云々したり介入することはありえないことだ。 文部科学省. 愛知県. 83年に同社取締役となり、2009年には代表取締役会長に就任した。

Next

あいちトリエンナーレ

。 あいちトリエンナーレを後援している朝日新聞 は、8月6日に社説で「一連の事態は、社会がまさに「不自由」で息苦しい状態になってきていることを、目に見える形で突きつけた。 芸術監督の津田大介と主催の愛知県知事は万死に値する。 2019年1月8日閲覧。 問題があると認識しながら展示に踏み切った形で、さらに議論を呼びそうだ。 2013年10月28日. 本展は、ジャーナリストである津田大介芸術監督が2015年に私たちが開催した「表現の不自由展」を見て、あいちトリエンナーレ2019でぜひ「その後」したいという意欲的な呼びかけに共感し、企画・キュレーションを担ってきました。

Next