予言.com。 【今年地球滅亡?!】ホピ族の予言が的中しすぎて怖い。

予言された2020年

開会式より閉会式が感動的だ」 ・・・予言??笑 と言うかは置いておき、2020年東京五輪の開催は問題ないということでしょうか。 ヴァンガ氏は又、2020年アジアで自然災害が起こる事も予言した。 「読み」の話だ。 富士山の宝永大噴火が起こった300年前、宝永地震(南海トラフ地震)も同時に起こっていることも考えると、まもなく大噴火・大地震が起こるということなのでしょうか。 なにもかもが「ふっ飛んで」大きな穴ぼこになってしまう。 なんと「AKIRA」には現在、日本のみならず世界に混乱を引き起こしている新型コロナウィルス騒動を連想させるような描写も確認できるのだ。 Penguin Random House 同書のように、新型コロナウイルスは「この世の終わり」の兆候だとする予言者の言葉は、専門家にも食い止める術がない疫病と化している。

Next

【都市伝説】地震から戦争まで!2020年の予言が怖すぎる【オカルト】

その予定もない。 トカナオリジナルのババ・ヴァンガTシャツ。 元々、彼の先祖がヨーロッパから移民し、先住民を迫害していた頃。 この二度目の投下後に、天皇はポツダム宣言の受諾を決意。 これらの予言を研究すると、全ての予言が共通する結果を示している事に気付く。 ・いたるところで鉄のヘビが大地を横切る 鉄道のこと。 ただコロナは型が豊富。

Next

ババ・ヴァンガとは?2020年の予言は?2021年以降もまとめ

個人的には宇宙人=神であった説を推したい。 画像の右側は、暗号部分を拡大したものです。 」というような事で、送金もすませ待っていました。 戦争になりそうですが、心配いりません。 '80年代にはスティーブン・キングらと「モダンホラー・ブーム」を巻き起こし、一躍大ベストセラー作家となる。 大地震・津波には気をつけなければならない可能性があるのです。

Next

【都市伝説】地震から戦争まで!2020年の予言が怖すぎる【オカルト】

「それまで」の日本は、戦後復興の長い道のりの途上だっただけなのに「すでに復興は成った」と誤解したあげくに、繁栄の日本が「このままずっと続く」などと思い込むのが主流だった。 言うなればバンドの解散理由が「音楽性の違いです」と言うのと一緒。 もし上記のようなアホみたいな内容の三文小説が発売されたとしたら? 失踪した彼が名前を偽り、三流SF小説にカモフラージュして世の中に真実を伝えている…という可能性もなくはないのだ!!. と言うことなので、 2020年8月16日の日曜日、パラリンピックの真っ最中とはなりますが、もしかしたら、カードのイラストが実現してしまうかもしれません・・・ ・東京オリンピックのすぐ後くらいからある2カ国が衝突 ・2カ国はどちらもアジア ・日本が大きく関わっている ・日本が相手国の態度にブチギレ と言う内容のもの。 信憑性に欠ける予言ですが、前後数年は警戒した方が良さそうですね。 '68年にデビュー以来、数々の作品を発表。

Next

【2020年最新版】未来人の予言がヤバすぎる件【第3次世界大戦、都市伝説】

予言(よげん、: prediction)とは、ある物事についてその実現に先立ち「あらかじめ言明すること」である。 ・「第一の炎の輪」「第二の炎の輪」 第一次、第二次世界大戦のこと。 そして、1945年8月6日に広島に投下されたあと、同9日に長崎に投下される。 それによると、 2035年にマヤ文明の子孫がタイムマシンの開発に成功するというものです。 それは、代々口述のみで言い伝えられ「ホピの預言」と呼ばれている。

Next

【未来人】令和2020年の予言まとめ!地震や東京五輪はどうなる??

また、2013年に発表した中央防災会議による関東大震災型のM8級の地震被害の想定では、死者7万人、経済被害160兆円と試算した。 地球を破壊し続ける人類。 カナダのアシェリー・ベイや、アメリカテキサス州のアダリア・ローズらのドキュメントは世界的反響が大きいものでした。 Contents• 今まで、外部の人間に知られないよう伝えられてきた預言であるが、こうした状況を見兼ね、ホピ族の長老はこの預言を世界に公開しようとしたのである。 ただし、2048年までの長期予言ということで、年を分けて国名等を明示しつつ予言を明らかにしている点については、その潔さだけを評価し、星は一つではなく二つとしました。 もう一つは、ホームズ彗星の大爆発。 もちろん、、、予言が的中しないことに、越した事はないですが。

Next

漫画「AKIRA」が新型コロナを予言!?ネット民が震える怖い噂の種明かし

アメリカと日本で、1980年代に予知されていた2020年のこと。 1997 『改訂版 大予言の嘘』pp. そうした説の多くは、聖書の中の「ヨハネの黙示録」に関する非常に不正確な解釈を含む。 「聖書を持っていなければ買いなさい」という一節で予言を終わらせるものも多い。 陸のプレートがギリギリの所まで引っ張られており、もうすぐ起こることが分かります。 (現時点でも例えば、ロシアの大統領にプーチンが就任して反米姿勢を打ち出し始めたりと、微妙にきな臭くなってきています) また、巻末の近未来の予言では、2036年あたりに「テレポート航法が日常的なこととなる」とありますが、 これもジョン・タイターの言う「2036年にタイムトラベル航法ができるようになる」という記述と酷似しています。 ご存知の方も多いのではないでしょうか? この「2019OK」については、各国の天文学者も地球に近づく数日前にしか発見できなかったということで、小惑星を爆破する準備なども間に合うタイミングではなかったそうです。 「TOKYO2020」が開幕する今年7月24日の413日前は2019年6月7日。

Next