クラロワ 低 コスト デッキ。 【クラロワ】極めれば最強!?2.9クロスボウデッキの基礎から応用を徹底解説!

クラロワの低コスト最強デッキ解説

デッキの主軸かどうか。 デッキのレベル上げの優先度になる基準とは。 色んなデッキに対応できる 高回転ホグライダーの魅力は、 色んなデッキに対応できることです。 この一連の流れを握った方が、 『その戦いを制した』と言えるのです。 しかし、敵のファーヤーボールがレベル13で格上だと、本来同格ならミリでマスケットは耐えるのに、ワンパンされてしまいます。

Next

【クラロワ】超低コストデッキ‼️小屋無し小屋ラッシュ⁉️

【守り方】 ファイアスピリットと墓石は守備に使います。 アリーナ7を突破すると、次に待っているのはアリーナ8の「レジェンドアリーナ」です。 より正確にいえば訓練キャンプが開放されていますが、これは 必要トロフィー数が 0なので 初期から開放されているものになります。 また、ホグライダーで押し、タワー攻撃につなげるべし。 ナイトを先頭にわらわらわらわら まず初手、基本的にはカウンターで 相手の手を見てから出すユニットを選びます。 とにかくタワーに頼ろう! ぼー。 スケルトン・アイススピリットの1コストユニットを適当に切っている まとめ 最後まで読んでただきありがとうございます。

Next

クラロワの低コスト最強デッキ解説

そこで、負けが続いて『クラロワ』を嫌いになりかけた私が、 負のスパイラルから脱出したデッキ編成をご紹介していきます。 その前に、まずカードゲームには【ウィニー】という戦略があります。 ペッカなどの高体力のユニットはこのように処理します。 最初は難しくても、徐々に使いこなせます。 クロスボウは習得するのはとても難しいですが、それを差し引いても練習する価値があると思います。 キングタワー後方より分け、敵のかく乱に。 プリンスを陽動などで活躍させたり、回転率が早いのでどんどん ユニット出していったり普段のデッキとは一味違う 特殊な戦い方ができます。

Next

【クラロワ】上位の人が使っている最強デッキ10コ!【デッキコピーリンク】

0】のデッキ編成例 低コストデッキのメリットとしては、 カードを小出しに出せるというのが一番のメリットです。 ガーゴイルの群れ• カード一覧でコストが低いユニットを探してみますと、 1コストの「スケルトン」、2コストの「ゴブリン」、「槍ゴブリン」と いったように、「弱いユニットを複数体召喚する」カードが 非常に多くなっております。 『クラロワ』アリーナ7以降の低コストデッキvs重コストデッキ 実際のところ低コストと重コストではどっちが強いの? 『クラロワ』クラッシュロワイヤルにおいて、 アリーナ7以降になると全てのカードを使用することが可能です。 エリクサーを使いすぎた状態でカウンターを受けると そのままタワーを壊されかねないので、要注意です。 エメラルドが足りなくて宝箱が買えずに苦労している方はぜひ試してみてください。

Next

【クラロワ】2.6ホグのススメ: デッキと基本的な立ち回りの紹介

これを実現させるためには、巨大クロスボウを処理しようと出してくるユニットを即座に処理しながら、巨大クロスボウを延命させることが大切です。 相手が大型ユニットの場合は、逆サイドに出すことで相手もホグライダーに対応しなければいけないので、相手に攻めの形を作らせないようにできます。 ですが、それ以外の対戦相手で言えば、私が実際に11連勝をしていることから、勝率は7割から8割はあるんじゃないかと思います。 少し複雑なシステムであるため、最初はうまく使いこなせないかもしれませんが、カードの 順番は他のソーシャルゲームと同様クラロワでも非常に重要です。 後はナイト以外タワーの攻撃2発も食らったら消えてしまうユニットばかりなので、タワーの攻撃を受ける盾役が必要と思います。 無課金の人でも、いずれはデッキがカンストして、2個目のデッキを使い始めたり、途中でそのデッキに飽きて、別のデッキを使い始めたりすると思います。 【攻め方】 巨大クロスボウを橋の直前に立てて、相手のタワーをダイレクトに攻撃することを目指します。

Next

【クラロワ】メガナイトゴーストデッキ解説!使い方と対策【クラッシュロワイヤル】

呪文データ• プリンスが出てきたら、 スケルトンや大砲などで、 突撃の矛をそらしたり、 フリーズをかけて食い止めたり。 ジャイアント• 必ず使いこなせるようにしながら、未知なる対戦相手に勝利を収めましょう。 単体でも強力なカードがないわけでもありませんが、単体ではすぐに狙われてしまい消滅してしまいます。 低コストデッキは 回転率が速い。 そのため「低コストデッキ」は必然的に、 「数の暴力」を以て相手を制圧するデッキとなるでしょう。

Next